トピックス

一覧に戻る

事故のない生活を 中学校で自転車交通安全教室 

 

 JA共済連栃木、JAおやま、小山警察署は9月中旬、小山市立桑中学校で自転車交通安全教室を開きました。

 同校の生徒約500名が、自転車の正しい乗り方について指導を受けました。

 スタントマンが実際の事故を再現。傘を差しながらの危険運転やトラックの巻き込み事故の様子などを実演しました。

 JAおやま大出晴二信用・共済常務は「交通事故は、加害者も被害者も周りの人全員が大変な思いをする。自転車は身近で便利な乗り物である反面、乗り方次第では、死亡事故にもつながる。交通ルールを守り、楽しい学校生活を過ごしてください」と呼び掛けました。