topics

トピックス

JA・組合員活動

長果枝多用で収量増 梨剪定講習会

2020.12.07

長果枝多用で収量増 梨剪定講習会

 JAおやま梨部会は11月25日、管内3ヵ所で梨「幸水」整枝・剪定(せんてい)講習会を開きました。部会員、関係者ら約60人が参加し、剪定方法を学びました。長果枝を多く利用すると、収量が増加する傾向にある「幸水」の特徴を考慮しながら、実際に剪定しました。

 栃木県下都賀農業振興事務所の山中佑太技師は①花芽の確保と次年度の果そう葉も確保する②強大な側枝は主枝・亜主枝の樹勢を低下させるため最優先で剪除する③木全体の樹勢バランスを整える-などと説明しました。

 同事務所の三坂猛課長は実践しながら「若い枝は養分をひっぱりやすいので、先端はなるべく若い枝にすること。主枝の先端は弱りやすく、新しい枝に変えていくことが大切」と呼び掛けました。

 神保重治部会長は「この機会に疑問を一つ一つ確認して、安全・安心はもちろん、より高品質な梨を生産するために剪定技術を上げよう」とあいさつしました。