About JA Oyama

JAおやまについて

JA概要

平成11年3月1日、JA石橋、JA国分寺、JA桑、JA小山市、JA小山、JAのぎの6JAが合併しJAおやまが誕生しました。

管内は小山市、野木町、下野市(旧石橋町、旧国分寺町)の2市1町からなり、高低差10m以内の極めて平坦な地形を形成しています。ほぼ中央を思川水系が流れ、流域の南北に広がる水田地帯と東部丘陵の畑地帯に分別されます。

地区の総面積は22,637haで、耕地面積は田8,330ha、畑2,200haで耕地面積の割合が約50%と県内で最も高い地帯であり、年間平均気温13.7度、年間降水量1,245mmと気候にも恵まれています。また、旧国道4号線やJR宇都宮線の沿線を中心に早くから市街地が形成され、首都圏に位置する地理的条件から大規模な住宅造成が行われ、混住化が進んでいます。

このような環境のもと、JAおやまは「人と自然の調和から新たな創造を」を理念に掲げ、人を愛し、自然とふれあい、未来に向けて活力ある地域づくりをめざし、事業を展開しています。

小山農業協同組合(JAおやま)
代表理事組合長 渡邉文雄
〒323-0034栃木県小山市神鳥谷1-11-32
T E L
0285-25-3155

組合員数(令和3年2月末現在)

8,556人
5,467人
14,023人

主な事業量(令和3年2月末現在)

36億3,834万円
1697億1,165万円
283億3,299万円
44億1,821万円
94億973万円
3,986億8,414万円

役職員数(令和3年2月末現在)

役員43人、職員343人

JA理念

人と自然の調和から新たな創造を!

JAおやまは、人を愛し、自然とふれあい、未来に向けて活力ある地域づくりに貢献します。

経営理念

  • 夢ある農業づくり

    ふるさとの自然と大地を活かし、安全で良質な農産物生産に努め、夢ある農業作りを展開します。

  • 心豊かな地域づくり

    組合員や地域の人達の期待と信頼に応え、新たな文化の創造を通じ、心豊かな地域社会づくりに貢献します。

  • 未来に向けた事業展開

    時代の流れや社会の変化に即応した農協経営を確立し、未来(あす)を展望した事業活動に取り組みます。

  • たゆまぬ研究開発

    活力と魅力あふれるJAをめざして、たゆまぬ研究開発を行い、新しい価値の創造に努めます。

  • 情熱ある人づくり

    豊かな感性と旺盛なチャレンジ精神をもった有用な人材を育て、人がいきいきする職場環境を確立します。