トピックス

一覧に戻る

人気呼ぶ農産物直売所 JAおやま「四季彩」

豊富な品ぞろえ 安全・安心に力 鮮度重視の出荷

 JAおやま農産物直売所「四季彩」は、下野市石橋地区に位置し、生産者95人が毎日、新鮮な野菜や果実、花きなどを店頭に並べ、たくさんのお客様でにぎわっています。
 「四季彩」の人気の理由は「豊富な品ぞろえ」。新鮮な農産物は、生産者による小まめな補充により、ほぼ一日中売切れることなく店頭に並びます。また食品加工の資格を持った部会員お手製のお弁当や漬け物なども取りそろえており「四季彩に来ればなんでもそろう」と評判です。また、野菜を納入する際、農家は農薬の使用履歴を提出しないと販売ができない仕組みになっており、お客さんに安全・安心に購入してもらえるように力を入れています。
 6月は、夏野菜の一つ、トウモロコシの旬を迎える季節。トウモロコシは鮮度が命。朝日が昇る前に収穫が始まります。四季彩は、常時30、40種類以上の朝採り野菜が並びます。「トウモロコシの本来の甘さを食べてもらいたい」と話すのは「四季彩」相談役の有野一夫さん。
 有野さんは「良い物だけを出荷している。目配り、気配りを大切にし、お客様に安全・安心な農産物を届けたい」と意気込みを語りました。