トピックス

一覧に戻る

花飾って応援 栃木・JAおやま 支店など

 

 JAおやまは、新型コロナ感染拡大で花の需要が落ち込んでいる栃木県の花き農家への支援と消費拡大に向けて、JAの各支店や営農支援センターなどの事務所に、小山花卉(かき)園芸組合生産の花を飾る取り組みを行いました。また、JAの役職員をはじめ、職員が各部署で取りまとめ、各家庭に同園芸組合から花を購入しました。

 事務所フロアの受付や棚などにピンク色のカーネーションやバラなど飾り、利用者を出迎えます。飾られている花や職員が購入した花は、全て同園芸組合の部会員の生産です。購入した職員らは「花があるだけで雰囲気が華やかになる。家族など家にいることが多いと思うので、心の癒やしになる。また、こういう時期なので花き農家に少しでも支援ができれば」と話しました。