トピックス

一覧に戻る

目ぞろえ会や 現地検討会中止

 JAおやまは、新型コロナウイルスの影響を配慮し、通常各部会で行っている目ぞろえ会や現地検討会などの会議を中止しています。生産者や市場関係者などの濃厚接触を減らし、新型コロナウイルスウイルスを防ぐ狙いです。当面は、文書通知や職員が農家を訪問し、品質維持や出荷の際の注意点などの周知徹底をします。また、初出荷時には、集出荷所において良品質のサンプルを実際に見てもらい、今後の出荷に向けての情報を共有するなど努力をしています。

 JA岸均営農部長は「このような状況のときこそ、生産者と一丸となって、通常通りの安心・安全で高品質の出荷を目指していきたい」と話しました。