トピックス

一覧に戻る

麦類種子の部で 優良部会表彰

 

 JAおやまビール大麦採種部会は2月20日、宇都宮市のJAビルで栃木県米麦改良協会から麦類種子の部で2019年産優良種子生産部会として、県内で最も良質な種子を生産していると表彰されました。

 ビール大麦は乾燥を好みます。冬場に降雪が少なく、晴れ間の多い栃木県は栽培に適しており、同地区でも栽培が盛んです。

 同部会は、優良種子麦安定生産、契約数量の確保、生産の合理化を目指し、圃場(ほじょう)確認会や品質向上対策研修会などに取り組んでいます。生産者34人が「ニューサチホゴールデン」を76ヘクタール栽培する。