トピックス

一覧に戻る

加工所を清掃

 

 JAおやま女性会加工グループ「フレッシュ」は3月12日、JAおやま西部農産加工所の清掃を行いました。施設利用への日頃の感謝を込めて毎年行っています。会員13人が参加し、床磨きや排水溝の洗浄など細かいところまできれいに仕上げました。

 同グループは年に約15回ほど加工所を使い、季節に応じたみそやジャムといった加工品を作っています。材料は地場産にこだわり、消費者からの人気が高く、作った商品は、各直売所で販売しています。

 会員らは「安心・安全な食品を作るためには、使用する物や場所もきれいにすることが大切なので隅々まできれいにした」と話しました。