トピックス

一覧に戻る

トマト 3ヵ所を巡回

 

 JAおやま東部トマト部会は1月中旬、小山市で2020年産冬春トマトの現地検討会を開きました。部会員、栃木県下都賀振興事務所など28人が参加し、東部管内3ヵ所を巡回しました。

 同事務所の三井俊宏副主幹が講師を務めました。各圃場(ほじょう)で水・草勢管理や実の付き具合を確認し、秀品率向上のポイントを説明、病害虫の防除徹底を呼び掛けました。部会は、69人が冬春トマトを約26㌶栽培。10~7月に京浜・東北方面に出荷します。