トピックス

一覧に戻る

イチゴ学校給食へ 

 

 JAおやまは、管内2市1町の小・中学生約2万500人に学校給食用の地元産イチゴ「とちおとめ」を贈呈します。地元の特産品を学校給食として児童・生徒に提供し、食への関心、食を支える農の役割を感じてもらうのが目的です。

 1月14日は、福田浩一郎組合長が野木町役場を訪れ、真瀬宏子町長と菊地良夫教育長に目録と地元産イチゴ「とちおとめ」のパック詰めを贈りました。

 福田組合長は「子どもたちに地元産のイチゴのおいしさを味わってもらいたい。この活動を進めることで、豊かな地元の味をつないでいってほしい」と期待。

 真瀬町長は「大変ありがたい。県のイチゴは全国に誇れることを生徒・児童にも伝え、大切に食べさせたい」と感謝を述べました。

 今後、小山市、下野市にも同様に贈呈する。イチゴは学校給食で順次提供されます。