トピックス

一覧に戻る

高品質キュウリを

 

 JAおやま南部キュウリ部会は1月中旬、JAおやま東部集出荷所で促成キュウリの目ぞろえ会を開きました。

 生産者、市場関係者ら約20人が参加しました。出荷規格を厳守し、生産者、市場、JA全農とちぎと連絡を密にし、有利販売に努めることを確認しました。

 市場関係者が販売情勢を報告した後、JA担当職員が出荷要領を説明しました。現物を手に取り、曲がりの限界やねじれなどの規格を確認。見栄えをよくするため、へたの長さを2~5ミリ程度に統一することや出荷の際に花を完全に除去することなどを申し合わせました。

 尾島賢一部会長は「生育遅れが懸念されるが、じっくり構えて良いものを作り、目をそろえ、高品質を目指そう」とあいさつしました。