トピックス

一覧に戻る

置物作りなど 高齢者と親睦

 

 JAおやま女性会ひまわり会は、公民館や集会場でミニデイサービス「いきいきひまわりルーム」を定期的に開き、地域の高齢者と親睦を深めています。ひまわり会は、生きがいづくりや介護予防、助け合える関係を構築することを目的にひまわりルームを開いています。

 昨年12月下旬、小山地区通宿公民館で行われたひまわりルームでは、地域高齢者と会員合わせて約25人が参加しました。農閑期に合わせて支部単位で行います。一人でも多くの人が参加できるように工夫しています。今回はカーネーションの造花を使ったティーカップトイプードルの置物を作りました。その後はクイズやじゃんけんをして五円玉の付いた首輪を奪い合う「億万長者ゲーム」や歌を歌うなど、楽しい時間を過ごしました。昼食には、会員の手料理が振る舞われ、参加者は「みんなで食べるとおいしい」と笑顔を見せました。

 同会会員は現在24人が在籍。幅広い年齢層の女性が活躍しており、ホームヘルパーの資格取得者やボランティア活動に意欲的です。同地区を皮切りに、JAの管内各地で開催する予定です。