トピックス

一覧に戻る

JAおやま生井っ子プロジェクト とちぎGAP取得 特栽米PR 五輪へ照準

 

 

 とちぎGAP(農業生産工程管理)の第三者確認証の交付式が昨年12月下旬、JAおやま本店で行われました。JAおやまの生井っ子プロジェクトが県内の米生産団体として初めて確認証が交付されました。

 同プロジェクトは、小山市生井地区のブランド米「生井っ子」を栽培する生産者組織。生井地区の25戸の生産者が、減農薬・減化学肥料を基本に栽培した特別栽培米で、JAおやま管内で57ヘクタールの作付けがあります。

 食味計を使った厳しい基準をクリアした米で、2006年には「とちぎ特産品」に登録。2005年には同市の「おやまブランド」に認定されています。

 とちぎGAPの第三者確認は、2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会の農産物供給を目指して、消費者・産地のPR活動などを行っています。