トピックス

一覧に戻る

担い手農家を訪問 声を事業運営に反映

 

 JAおやまの福田浩一郎組合長ら常勤役員、センター農産課長は12月上旬、担い手農家に直接意見を聞くため戸別訪問活動を行いました。

 農事組合法人カミナマイ代表理事澤留省治さん、理事海老沼和彦さんは「地域農業の活性化を目指すためにもJAの支援・協力が必要。地域になくてはならないJAとなるよう今後も職員の育成をお願いしたい」と話しました。福田組合長は「農家の声を反映し、より良い事業運営に取り組みたい。地域に根差した信頼されるJAとして農家と地域農業の発展につながるようにしたい」と意気込みを述べました。

 同農事組合法人は、小麦、水稲栽培などの生産性を向上させ、耕作放棄地の解消など地域の担い手として活躍しています。