トピックス

一覧に戻る

秋冬ニンジン しっかり選別

 

 2019年秋冬ニンジンの出荷を始めたJAおやま人参部会は、桑支店で目ぞろえ会を開きました。部会員、市場関係者ら23人が参加。等級ごとに並べた人参を参考に規格を確認。出荷の際は長さや傷などに注意して選別することなどを申し合わせました。

 赤荻稔部会長は「今年は7月からの日照不足に始まり、大型台風など異常気象が続き、ニンジン農家にとって苦労が多かったが、部会員の管理のおかげで大きな影響も受けることなく、出荷にいたることができた。今後、ニンジン生産者を増やしていくことを目標に、まず高品質なニンジン出荷し、JAおやま産のPRをしよう」と意気込みを語りました。

 市場関係者らは「今年は、長雨の影響でニンジンの水分量が多いと予想される。そのため、傷みなどが発生するのでしっかり選別し、出荷してほしい。JAおやま産イコール高品質を目指して出荷してください」と注意を促しました。