トピックス

一覧に戻る

図画コンクール 入賞12点選ぶ

  

    JAおやまは1日、11月に開くJAおやま祭りに先立ち、本店で「JAまつり図画コンクール」の審査会を開きました。色鮮やかな物や細部まで描いたトラクターなど力作を審査しました。

 同コンクールは食農教育の一環。管内の小学校が対象で、今回は26校から302点の作品の応募がありました。

 JA役員、女性会役員ら15人を審査委員に、図画を一点一点丁寧に審査。入賞12点を選びました。

 今年のテーマは「農業・農村・自然・環境・人・家族」。入賞者の発表と表彰式、応募作品の展示は、11月16、17日に開かれるJAおやま祭りで行います。JAは入賞作品を集めた2020年カレンダーを作成し、JA祭りで販売する他、管内の各小学校にも配布する予定です。入賞作品は家の光協会主催の「世界こども図画コンテスト」にも出品します。