トピックス

一覧に戻る

現地検討会で カブ生育確認

 JAおやまかぶ部会は10月上旬、下野市の管内圃場(ほじょう)5ヶ所で現地検討会を開きました。部会員、関係者ら約10人が参加し、10日令和初出荷に向けて、生育状況を確認しました。

 同部会は6人の生産者で組織します。県内でもカブの生産者は少なく、部会は貴重な存在です。

 栃木県下都賀農業振興事務所殿塚奈々技師は「これからも暖かいと予想される。生育も早くなるため、適期収穫ができるよう出荷までの栽培管理に注意をしてほしい」と指導。

 海老原一弘部会長は「各部会員の圃場を見て生育状況などを確認し、品質の良いカブを出荷していこう」と意気込みを語りました。