トピックス

一覧に戻る

今年もおいしく 梨ジャム味わって

 JAおやま女性会加工グループ「フレッシュ」は9月中旬、西部加工所で梨ジャムを作りました。甘い香りが漂う加工所で皮むきなどの手作業を丁寧にこなしました。

 同グループは、JA管内で栽培される農産物を使い、これまで減塩みそやトマトソース、いちごジャムなど数多くの商品を製造・販売。地場農産物のおいしさを消費者にPRしています。

 ジャム作りに使った梨は、管内で栽培された規格外の「豊水」37㌔。梨ジャムは果肉が残り、梨の食感がアクセントになり、パンやヨーグルト、料理の隠し味、ケーキの材料など幅広く使えます。

 相川久子会長は「今年の梨は、みずみずしくて甘い。多くの人に、おやま産の梨をぜひ味わってほしい。完熟した梨を使って、今年もおいしく仕上げることができた。添加物が入っていないため、梨本来の味を子どもたちに覚えてほしい」と話しました。ジャムは1瓶(180㌘)350円。JAおやま祭りでも販売する予定。