トピックス

一覧に戻る

塩分控えめで人気 みそのパック詰め

 JAおやま女性会加工グループ「フレッシュ」は、豊かな自然を生かし栽培する農産物の良さを引き出し、多くの人たちにおいしさを知ってもらおうと、みそなど数多くの加工品を製造・販売しています。これまでトマトソースやイチゴ・梨ジャム、焼き肉のたれなどを手掛けました。

 同グループは9月中旬、小山市のJAおやま西部加工所でみそのパック詰め作業を行いました。2月に仕込んだ新みそで、JAおやま管内産の大豆と米を使用。塩分控えめ(約10%)のまろやかな味わいで人気を得ています。

 相川久子会長は「今年のみそは、色がとてもよく、一段とおいしい。大豆と米こうじの甘味が口いっぱいに広がる。ぜひ多くの人に味わってほしい」と自信を見せます。

 みそは1パック(900㌘)625円。JAおやまの直売所「四季彩」(石橋支店敷地内)、道の駅「思川」で販売。JAおやま女性会加工グループ「フレッシュ」は、1998年に発足。現在17人で加工品作りに取り組んでいます。

問い合わせはJAおやま生活利用課、(電)0285-25-3116