トピックス

一覧に戻る

サッカー少年に農産物

 栃木県のJAおやまは8月中旬の2日間、小山市の石ノ上河川広場で行われた「第10回大谷カップ少年サッカー大会」に初協賛をしました。地域に根差す協同組合として、地域の未来を担う子どもたちの健全な育成を支えるのが狙い。大会には各24チーム約720人が参加しました。

 JAおやま福田浩一郎組合長は「生産者が丹精して栽培した、うまかん米と梨を皆さんにプレゼントしたい。日頃の練習の成果を出して、優勝目指して頑張って」とあいさつしました。

 優勝チームにはJAおやま特別賞として盾を授与。副賞として優勝、準優勝、3位チームにJAおやま「うまかん米」10㌔を進呈しました。JA産の梨を贈りました。