トピックス

一覧に戻る

冬春トマトで篠田さん大賞 県グランプリ

b220de38cce6a63e2b20170a21ded672

 

Bとちぎ版=おやま・山田千晶・0805 冬春トマトグランプリ表彰式 (2)

 

 JAおやま管内の篠田安彦さん(54)、博美さん(52)夫妻は8月上旬、宇都宮市の栃木県庁で行われた「第12回栃木県冬春トマトグランプリ表彰式」で、大賞(農水大臣賞)を受賞しました。

 篠田さんは、33㌃のトマト栽培を後継者3人で営んでおり、納得のいくトマトを目指して①適期管理の実践②育苗③草勢④斜め引っ張り誘引⑤摘果の徹底⑥トマト黄化葉巻病対策―などに取り組んでいます。

 トマト栽培約25年の中で築き上げた管理の基準で育てたトマトは現地検討会などで仲間から「草勢が強く、がっちりしている」「玉伸のびがよい」と声を掛けられます。

 大賞を受賞した篠田さんは「普段通り作っていたものが認められ、うれしく思う。慕ってくれる後輩も多く、これから指導にも力を入れて、仲間と共に、おやま産トマトというブランド化を図り、産地を盛り上げていきたい」と喜びを話しました。

 

b220de38cce6a63e2b20170a21ded672