トピックス

一覧に戻る

児童にトマト授業

Bとちぎ版=おやま・山田千晶・0712 食農教育研究指定校佐川野小学校トマト収穫 (2)

 

 栃木県野木町立佐川野小学校の全児童は7月中旬、ミニトマトの収穫と夏休み期間のミニトマトの手入れ方法を、JAおやま青年部と職員に教わりました。

 2018年12月にJAおやまと野木町で連携協定を結んでおり、同校は、食農教育研究指定校となっています。

 食農教育の一環で、5月中旬にJAおやま青年部と職員によるミニトマトの定植の授業を行いました。約2ヶ月間、児童が水やりやわき芽かきを行っていました。世話をしたミニトマトは、大きく育ち収穫の時期を迎えました。5、6年生は、JAおやま青年部のメンバーに質問し、青年部は、一つ一つの質問に丁寧に答えました。

 夏休みの間は全児童が保護者と協力してミニトマトの世話をし、9月ごろに直売所で販売も計画しています。

 

b220de38cce6a63e2b20170a21ded672