トピックス

一覧に戻る

最新農機推進へ アグリフェア推進大会

Bとちぎ版=おやま・山田千晶・0625 第20回パワフルアグリフェア推進大会 (2)

 

 JAおやまは6月下旬、小山市の本店で第20回パワフルアグリフェア推進大会を開きました。役職員、関係者ら26人が参加。フェアの目標を確認した後、農機課の三村仁志さんによる決意表明を行い、目標必達への士気を高めました。

 パワフルアグリフェア動員のポイントとして①増税前、充実したラインナップで農機を見ることが出来る最後のチャンス②20回開催記念イベントとして、豪華景品が当たるクイズラリーを実施予定③農業ICT(情報通信技術)元年として注目度が高まっているドローン(小型無人飛行機)などICT関連機械が終結―の3点。

 JAおやまの福田浩一郎組合長は「今までは、農機展示会としてやっていたが、今年はパワフルアグリフェアに参加して最新鋭の農機具を推進していこう。一人でも多くの組合員に足を運んでもらい、最新の農機具などを実際に見て、納得して購入してもらえるようにしよう」と話しました。

 第20回パワフルアグリフェア(農業機械代展示会)は、7月20日・21日午前9時から~午後3時、宇都宮のみずほの自然の森公園で開きます。最新鋭のトラクターやコンバイン、田植え機、乾燥機、家庭菜園用機種などを展示。来場者は、実際に機械を見ながら、メーカー担当者から新型農業機械の性能や機能、型式などの説明を受けられる。特設ステージも設け、子どもから大人まで楽しめるイベントとなっています。

 

illust3783