トピックス

一覧に戻る

「とちおとめ」ふんだんに 栃木・JAおやま「フレッシュ」いちごジャム作り

Bとちぎ版=おやま・山田千晶・0423 イチゴジャム作り (2)

 栃木県のJAおやま女性会加工グループ「フレッシュ」は、JA西部加工所でイチゴジャムを作りました。管内の「とちおとめ」70㌔を使用。砂糖、クエン酸と共に1時間半、丁寧にあくを取って煮詰め、330瓶(1瓶180㌘)に詰めました。

 「とちおとめ」本来の甘味と味わいを生かすため保存料は使わず、砂糖を控えめにしたジャムは、フレッシュな果汁が広がり、つぶつぶとしたイチゴの種がアクセントになります。地産池消でイチゴの芳醇(ほうじゅん)な香りを楽しめる人気が高い。

 ジャムは1瓶350円。JA管内の直売所のよらっせ桑、石橋農産物直売所「四季彩」、野木直売所、道の駅「思川」で販売。

Aとちぎ版=おやま・山田千晶・0423 イチゴジャム作り

 

 

 

d0094245_21223152