トピックス

一覧に戻る

ビール大麦適期収穫を

450-201706262341289322 JAおやまは、管内のビール大麦の収穫期を目前に控え13日、適期刈り取りに向けた目ぞろえ会を管内2ヶ所の圃場(ほじょう)で行いました。JA職員15人が参加。目ぞろえ会を基に、ビール大麦の荷受けをする共同乾燥施設の稼働開始日を決めました。県下都賀農業振興事務所の墨野倉真二副主幹が、生育状況を確認し、参加職員に適期刈り取りのポイントを呼び掛けました。

 収穫適期の目安は「穂首の曲がりが90度以上の穂が8割以上になったころ」とされています。今後の天候によっては、収穫適期の目安よりも先に殻粒水分が仕上がる傾向にあるため注意が必要となっています。JA管内では「ニューサチホゴールデン」「アスカゴールデン」を約1517㌶で栽培します。

 JA営農部の伊沢一宏部長は「刈り取りの時期は地域性によって異なるので、よく見て適期収穫をして」と呼び掛けました。

 

Aとちぎ版=おやま・山田千晶・0513 ビール大麦適期刈取日の確認及び赤かび病発生状況調査