トピックス

一覧に戻る

図書カード贈呈~小学校に贈る~

emi

 JAおやまは、運営する直売所6店舗(グリーンセンター・野木・のぎ松原大橋直売所・国分寺・よらっせ桑・四季彩)のお買い上げレシート合計金額の割合に応じて、管内の小学校に図書カードとして還元する活動に取り組んでいます。

 JA福田浩一郎代表理事組合長ら3月中・下旬にかけて、小山市の大久保寿夫市長、野木町の真瀬宏子町長、下野市広瀬寿雄市長を訪れ、図書カードと新1年生へのランチョンマットを寄贈しました。図書カードは、小山市に15万2000円分、下野市に12万4000円分、野木町に98000円を贈呈しました。

 ランチョンマットは、JAグループ栃木が小学校新1年生に作成したもので「みんなのよい食プロジェクト」のキャラクター「笑味(えみ)ちゃんや県のキャラクター「とちまるくん」などを印刷し、県内農畜産物の魅力と地産池消を訴えています。

 福田組合長は「ランチョンマットで給食を美味しく食べてもらい、農業の大切さ・地元食材の美味しさを知ってもらいたい。また、この取り組みを知ってもらい、より多くの人に直売所を利用していただきたい」と話しました。

  Aとちぎ版=おやま・山田千晶・0327 図書カード贈呈