トピックス

一覧に戻る

新入職員が農業を体験!~新入職員農家研修~

とちぎ=おやま・湯本あかり・0420 新規採用職員農家研修

 

 

 

 

 

 

 

 

 JAおやまは、17日から20日までの4日間、管内のほ場で新規採用職員の農家研修を行いました。16年前から実施しており、農家と触れ合い、農作業をすることで組合員とJAの結び付きを学ぶことが目的です。

 新入職員13人がトマト、イチゴ、レタス、キュウリの4班に分かれて2日間ずつ生産者の指導を受けながら、葉かきやトンネルの解体作業などに励みました。

 レタス農家で作業をした鈴木翼さんは「今まで経験したことのない作業ばかりで、農家の人の忙しさや苦労を知ることができた。今後、この研修を忘れることなく業務に励んでいきたい」と話しました。

 中村崇人企画管理部長は「農家研修によって、食を支える農業の大切さや役割を理解しJA職員になる』という意識を強く持てたのではないか」と話しました。