トピックス

一覧に戻る

地域の生態系を守る!~羽川エコ倶楽部生き物救出活動~

地域の生態系を守る1地域の生態系を守る2 小山用水保全協議会羽川エコ倶楽部は2月4日、小山市羽川の水路で、水路の改修工事に先立ち生き物の救出活動を行いました。同倶楽部とメダカ里親の会の会員や、小山用水土地改良区の職員ら、約30人が参加し、網を使ってメダカやフナ、コイなど約650匹を捕獲しました。

 農家の維持管理を軽減するために、各地でほ場整備事業が進められ、農業水路が土からコンクリートに変わり、生き物が行き場を失っています。同倶楽部はこのような現状を問題視し、地域の生態系を守ろうと、今回の救出活動を実施しました。救出した生き物のうち、メダカは参加者の一部が自宅で飼育し、田んぼに放流します。その他の生き物は、隣接水路に放流しました。

 水路改修には、緑化が可能なコンクリートブロックマット「ゴビマット」を使用。環境に配慮した水路作りを目指します!改修工事は3月末に完了する予定です。

 同倶楽部の福田洋一会長は「小山にはたくさんの生き物がいるということに、改めて驚かされた。営農とのバランスを取りながら、自然を残していきたい」と力を込めました。