トピックス

一覧に戻る

早めに収穫を~とうもろこし部会目ぞろえ会~

  とうもろこし部会は6月14日、東部集荷所と北部集荷所で目ぞろえ会を開きました。今後の出荷最盛期に備え、出荷規格や今後の栽培方法について確認。先端不稔は2㌢まで、病害虫、しなびたものは出荷しない事等を申し合わせました。

 県下都賀農業振興事務所の三井俊宏副主幹は「気温が高く、降水量が少ない。収穫期までほ場を乾燥させないよう積極的にかん水してほしい。害虫の発生が懸念され、早期防除が重要となる」と呼びかけました。

 有野一夫部会長は「これから出荷最盛期を迎える。間違いのない選果を行い、消費者からの信頼を獲得していこう」と話しました。

 同部会は82人が「ゴールドラッシュ」を40.34haで栽培。8月上旬まで県内、京浜、東北方面に出荷する予定です。