トピックス

一覧に戻る

農政対策研修会を開催

農政対策研修会 当組合は4月28日、本店で農政対策研修会を開き、役員、各部会員ら合わせて109人が参加しました。

 研修会では、JA栃木中央会農政対策部の生澤良一部長が「TPP等の貿易交渉をめぐる情勢とJAグループの取り組みについて」「農政改革について」と題し講演。生澤部長は、TPP大筋合意までの経過や与野党の動向などについて解説し、「今後、地域の農協が地域の農業者と力を合わせて、農業情勢の変化に対応してほしい」と呼びかけました。

P3 高橋良一組合長は「TPP交渉の大筋合意や農協改革によって、日本農業が大きく変わろうとしている。このような中で、地域農協として何ができるかが重要になってくる。当組合としても、組合員の方々が今後も安心して暮らしていけるよう最大限力を尽くしていく」と力を込めました。