トピックス

一覧に戻る

高品質出荷が望めます♪~小山花卉園芸組合カーネーション部会現地検討会~

カーネーション部会現地検討会2

 小山花卉園芸組合カーネーション部会は1月8日、栃木市、鹿沼市、小山市、下野市の4カ所で現地検討会を行いました。各ハウスを回り、カーネーションの生育状況や栽培管理、出荷時期などを確認しました。

カーネーション部会現地検討会 11月の曇天と暖冬の影響で、茎の徒長と軟弱化が心配されますが、今後気温の低下に伴い、高品質なカーネーションの出荷が望めます

 倉持恵寿部会長は「気温が下がるまでは水管理を徹底して行い、品質の向上に努めてほしい」と話しました。

 同部会は生産者5人で組織。定期的に現地検討会を開き、栽培技術の向上を図ります。出荷は9月下旬から翌年6月まで行います。