トピックス

一覧に戻る

北部レタス部会春レタス現地検討会

北部レタス2  北部レタス部会は12月21日、2016年度産春レタスの現地検討会を開きました。全部会員のほ場10カ所を巡回。現在の生育状況を確認し、今後の管理を検討しました。

レタス1 県下都賀農業振興事務所の吉田剛副主幹は「今年は11月の夜温が平年よりも2~3℃高かったため、葉の成長が著しい。現在は土台となる根の生育を充実させたい時期。葉が大きくなりすぎると病気の発生が懸念されるため、午前10時から午後3時の間に換気をしっかりと行ってほしい」と呼びかけました。

 青柳政美部会長は「生育はやや早まり気味ではあるが順調である。気温が高く推移しているので、今回の検討会で良く対策を学んでほしい」と話しました。

 同部会は10人の生産者が「クールガイ」「トリガー」等を栽培。1月から3月まで京浜方面に出荷します。