トピックス

一覧に戻る

梨「新高」の出荷がはじまりました!

梨部会は9月18日、東部選果場で「新高」の目ぞろえ会を行いました。

出荷の際には果実が傷ついたりしないように注意すること                 劣化しているものや病害虫被害のあったものは出荷しないようにすること  

などを申し合わせました。

9月10日の豪雨による被害は、梨農家にとっては少なかったものの、園地の排水対策は極めて重要です。

下都賀農業振興事務所の柳澤佳奈技師は「今年の梨は特に、果色に対して果実の熟度がすすんでいる。収穫の際は果色だけでなく、必ず食味を確認して総合的に判断してほしい」と呼びかけました。

田中久雄部会長は「今後天候は回復するとの予報があり、消費の動きにも期待が寄せられる。高値で販売できるよう市場との連携を図りたい」とあいさつしました。

 「新高」は9月25日から10月上旬まで、県内・京浜方面に出荷します。         みなさんも「新高」の香りの良さと上品な甘さをぜひ味わってみてください