トピックス

一覧に戻る

育苗管理しっかりと

とちぎ=おやま・永井里奈・0716 レタス部会秋レタス栽培講習会1

JAおやまレタス部会は7月16日、北部集荷所と東部集荷所2カ所で秋レタスの栽培講習会を開きました。講習会は育苗が難しい夏季に開催。育苗の基本を確認し、安定出荷を目指すことを目的としています。今回は生産者、種苗会社、県下都賀農業振興事務所などの関係者50人が参加。生産者は、種苗会社から初期生育の重要性と各品種の特性、栽培のポイントについて説明を受けました。

農業振興事務所の増山綾香技師は「レタスの発芽適温は15~20度のため、日中の播種は避け、夕方に涼しい場所で行うこと。また、播種後は、光が足りず苗を徒長させないように、日当たりの良いところで育苗してほしい」と呼びかけました。関敦部会長は「栽培の基本はやはり育苗。ベテランの農家でも失敗してしまうことがあるので、栽培ポイントをしっかりと確認し、良くないところで慣れがでないよう皆で気を付けていきたい」と話しました。