トピックス
需給状況の周知と、消費拡大対策や野菜需給の安定を図る
~野菜需給協議会現地協議会がレタスを視察~
2014. 4.4

レタスほ場の現地視察を行い、栽培の難しさを肌に感じる
レタスほ場の現地視察を行い、栽培の難しさを肌に感じる

 独立行政法人農畜産業振興機構(alic)が事務局となり、野菜需給協議会の現地協議会が2月13日に開催されました。約40人が参加し、東部集荷所を見学後、レタス部会役員との意見交換や、管内のレタスほ場の現地視察を行いました。

 意見交換会では生産履歴の記帳や残留農薬検査などの安全・安心に係る説明の他、ラップレタス、朝採りレタスなどの付加価値を付けた販売方法もアピールしました。関敦部会長は「品質には絶対の自信を持っているので安心しておやまのレタスを食べてほしい」と力強く話しました。

一覧へ戻る