トピックス
スカイベリー現地検討会 2013. 11.6

生育状況を確認
生育状況を確認

 スカイベリー研究会は10月11日、管内3カ所で現地検討会を開きました。生産者、関係者16人が参加し、苗の生育状況や今後の栽培管理を確認しました。

 栃木県オリジナル品種「スカイベリー」はとちおとめと比較し大果。糖度と酸度のバランスが良く、ジューシーでまろやかな味わいが特徴です。同研究会は9人の生産者が75アール栽培。品質の向上、均一化を図るため定期的に栽培講習会や現地検討会を行っています。

 

一覧へ戻る